裁判や判例は法律によって導かれる部分がある

紙とペン

法律の概要

法律とは、道徳などとは区別された社会規範の一種のことを指す。
主に一定の行為を禁止するための決まりであり、それに違反した場合、罰則など強制的な制裁が課せられたり裁判が適用されたりする力を持つものである。
法律には、様々な観点から見ると矛盾する点も多く存在し、今もなお改正の議論がなされている。
一般的には人権を守るものとしての役割を果たしているが、状況によっては必ずしも守られるものではないということも問題点として挙げられている。

法律は知ってるほうがいい

houritu

六法全書という分厚い書物があって、毎年改定されているのである。ただし、中身は殆ど変更がないのである。
いわゆる「六法」とは憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法を指し、憲法がすべての法律を支配していて、他は憲法に規定のないものを補うものである。
但し、この六法で全てが網羅されているかというとそうではなく民事執行法や不動産登記法・刑事執行法などという民法や刑法を補うものやそれぞれの法律に対する細則もある。

法律の注意点

soudan

法治国家において法律は絶対的な規則である。規則を犯せば罰せられるため、規則にそぐわない行動・運動を行う際は規則を変える必要がある。しかしながら前述したとおり、法律は絶対であるので、各国家憲法の改正にはとても慎重になる必要がある。
日本においては憲法は平和憲法とされ、特にその由縁である第9条に関しては平和主義の元での自衛隊のあり方に関係してくるため、憲法改正には国内でも特に慎重な動きがあり、否定派も少なくない。

セレクション

saiban

裁判の概要

裁判は、社会における利害対立をその国の法律を適用することで解…続きを読む

hanrei

判例とは

判例とは、裁判においてが示された法律的判断のことであり、それ…続きを読む